調理専門学校│一足先に現場に出て自分の腕を試せるインターンシップ

女性

料理のプロになろう

2人の女性

調理の専門学校では日本料理や和菓子だけでなく、イタリアやフランス、中国の料理までも学ぶことが出来ます。さらに洋菓子やパンづくりも学ぶことが出来るので、自分が求める技をしっかり身につけられるのです。どの料理も奥が深いので、基礎から学ぶことが重要となります。さらに専門学校では調理に関する知識や技術だけでなく、経営者として必要なサービスについても学ぶことが出来るのです。現場で働く上で大切なスキルを全て習得することが出来るので、レストランや料亭、カフェやパン屋さんで働きたい人に最適な環境なのです。また専門学校では就職サポートを丁寧に行なっているため、卒業後は安心して自分の腕を発揮することが出来ます。専門学校によってコースや費用、就職率や講師などは異なるので、入学を検討している人は定期的に開催されているオープンキャンパスに参加してみると良いでしょう。

調理の専門学校を探している人は、有給のインターンシップを行なっているかチェックしてみると良いでしょう。有給インターンシップとは通常のインターンシップとは異なり、働いた分だけの給料を受取ることが出来るのです。現場での経験を積み、就職後にも活かせるスキルを確実に獲得することが出来ます。卒業してから就職する人に比べると、一足先に現場に出て自分の腕を試せるのです。インターンシップ先によって給料や仕事内容は異なるので、自分の目標と照らし合わせながら選ぶと良いでしょう。

専門的に学べる場所

勉強

バリスタとして働きたい人は、高い技術や知識を習得出来る専門学校へ入学すると良いでしょう。プロの講師によるレッスンや留学もあり、短い期間でも十分に力をつけることが出来るのです。

» 詳しく見る

経営者までの道のり

料理中の男性

カフェの経営者になるには、調理の知識や技術に加え、経営面のスキルも必要となります。専門学校では全てのことを効率良く学ぶことが出来る上に、就職するまで丁寧にサポートしてくれるのでスキルを身につけるのに最適な環境となっています。

» 詳しく見る

集中して学べる環境

包丁を持つ男性

調理学校ではパンづくりも学ぶことができ、職人を目指す多くの学生が勉強に励んでいます。生活や学費のサポートもしっかり整っているので、遠方から来た学生も安心して勉強出来るのです。

» 詳しく見る